« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005年3月の16件の記事

湯治の帰りも一風呂

111-1148_IMG111-1150_IMG111-1151_IMG先日書いた記事をトラバしてみたりする・・・。(自爆)
 
温泉三昧の帰りに、気になる温泉に立ち寄ってみました。それが、ここです。さて、どこでしょう?
 
ちなみに、こういう温泉にはまるようになったのが、このサイトです。
仙台から行く日帰り温泉
熊谷温泉(宮城県の温泉)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

メディアリテラシーの大切さ

意外にもあちこちを巡回して、仕事のネタや趣味のネタを仕入れる私。
で、ちょっと前にこんなネタを仕入れました。仕事上、この話は見逃せません!「え?これまずいじゃん!!」しかし、ほぼ毎日、夜のニュースと新聞を欠かさない私には、正確な情報が入ってきません。「何故だ??」
 
先日、仕事の合間に職場のPCからネットで検索しました。「ん?ん?ん?記事が見つからないなぁ・・・。」と当初の記事に戻ります。下を見ると「<必ずお読みください>」というコンテンツがあります。「何だ??」
 
「・・・・・・。」
 
そうなんです。ネタはこういう事。いくつか記事を読んでいくと、「どっきり!」と書いた札が見えてくるはずです。(ネタ古っ!)
職場で食い入るように数々の記事を見ましたが、「ライブドア」ネタ、秀逸でしたなぁ。(w
 
ということで、こういうものを見つけると「仕事で使いたいなぁ」という食指が動く私でした。(爆)(↑タイトル参照。格好のネタです。)(ちなみに、「水曜どうでしょう」のベトナム縦断を見て、「仕事に使える・・・。」と思ってしまうくらいですから・・・。残念!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

・・・やはり凄かった!

寝て、市民バンドの練習に行って、母校に顔を出して、温泉に使っている間に、連休が終わってしまいました。(;.;)
本当はここここに行きたいのですが、どうやら難しそうです。(じゃ、温泉に行くなよ。(自爆))
 
そんな中、気が付くと「アンサンブルコンテスト全国大会」が終了しています。
ブログにも書いた、一番気になっていた団体がどうなっているのか、と結果を見ると・・・。

キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!
 
金賞ですた。
ビデオかDVD買うか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

結局、湯治(農民の家)(鳴子温泉)

111-1147_IMGということで、日曜日に母校に行って、用事にならない用事を足して(自爆)、北へ向かいました。
 
目指す先は、前回のブログで書いた場所。鳴子温泉にある「農民の家」です。こんな感じの場所でした。
 
途中中新田で買出し(晩御飯・酒・朝食)をし、到着したのがすっかり日が暮れた19時半。でも、受付OKでした。
行った先は「自炊部」。予約ができないのが苦しいところなのですが、ファジーな私にとっては、ちょうどいいのかもしれません。(笑) 今回、初めて個室に入れた(というか、個室がデフォらしい。)のですが、部屋がざっとこんな感じです。4畳半に台所。一般の旅館から考えるとかなり古い感じですが、築約40年の社宅に入っている私にとっては、全然気になりません。(^^;>111-1144_IMG111-1145_IMG111-1146_IMG
 
早速風呂へ。この温泉のいい所は、源泉を4つ引いているという点です。大浴場(アルカリ泉)→炭酸泉、とめぐり。レトルトカレーとビールで食事。そして、硫黄泉→炭酸泉、とめぐり、部屋に戻ってPCいじっているうちに、ZZZzzz。
気が付くと、朝の3時!!仕方が無く朝風呂。(笑)そして、就寝。(爆)再び起きた時は、チェックアウトぎりぎりでした。(^^;>
 
今回、初めて個室の自炊と言うものを経験したのですが、はまりそうです!!(爆)自宅の感覚で、温泉付き。風呂入って、食って、寝て、仕事持ち込んで・・・。時間があれば、今度は数泊したい、そんな感想を持って帰ってきました。
 
File0032
 
ちなみに、1泊素泊まりの会計がこちらです。(グレードは下から2番目の部屋。)都心部のカプセルと大差無い値段です。(驚)
ちょくちょく温泉系のHPなどで紹介されているのですが、ちょっと補足を。
*農協系の施設らしいのですが、組合員以外も宿泊できます。その場合は、免許証など身分を証明できるものを用意してください。(でないと宿泊できません。)
*最初にも書きましたが、自炊部は予約できません。(はたご部はOK。)イベントがある日や農閑期は混んでいるようですので、一度電話で確認されると良いと思います。
*4つの源泉と1つのジャグジー風呂がありますが、そのうち3つが混浴です。ご注意を!
 
はぁ。疲れが十分とれました!!

 ☆知る人ぞ知る施設のようで、こんなブログもありました。
 
※下の写真は、左から「硫黄泉」「硫黄泉の入口」「大浴場(奥)と炭酸泉(手前)の入口」です。
111-1138_IMG111-1139_IMG111-1137_IMG
 
農民の家

=広告= (農民の家は無理ですが)宿泊先の予約は。→【JTB】旅館・ホテル予約

| | コメント (4) | トラックバック (1)

湯治に行く予定

ということで、部屋が空いていればここに行ってきます。
 
・・・とその前に用を足さねば。出かけてきます。(^^;>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感動した!!

・・・と言っても、どっかのお偉いさんの名言(迷言?)ではありません。
 
仕事柄、深夜帯のテレビをよく見ます。いくつかお気に入りがあるのですが、昨夜その1つの最終回でした。
それを見終わった後、邦画が始まりました。いつもはスルーするのですが、キャストを見て「あ、見るか・・・。」何気なしに「man-hole」という映画をテレビで見ました。
かなり深夜に食い込みましたが、結局全部見てしまいました。(笑)
キャストがらみで知る人ぞ知る映画だと思うのですが、「水曜どうでしょう」でおなじみ鈴井さんの初監督作品とのこと。VTR録画しなかったのが悔やまれます。
 
内容は「う゛~~~~~。理解するのが難しい。」と言うのが第一印象でした。いくつかの人間関係が出てきて、それが交錯していくので、「アングラ映画か?」とも思ってしまいました。が、最後はうまくまとめていました。どっかの監督ではないですが、映画って本当にいいです。(笑)
 
それから、私は鈴井さんたちの本業を知りました。(爆)恐るべし・・・。鈴井さんの会社のHPも巡回したのですが、映画・TV番組などで「北海道から全国へ」というコンセプトを持っていることを知り、北海道民のアクティブさを痛感させられました。東北とはちょっと違うなと思いました。(偏見か?)
 
あと個人的なことですが、映像で懐かしかったものがいくつかありました。一番は冒頭とクライマックスに出てくる、観覧車とジェットコースター。「絶対、ここだよ。ここ。」と予想していた場所でした。・・・母校の山挟んだ裏にあった遊園地です。(^^;> ・・・なんだ、知ってたら願い事書いて流したのに・・・。(笑)
 
ちょっとマニアックな話でしたが、珍しく興味を持った映画の四方山話でした。<(..)>
 
 P.S. ちなみに、最終回の番組はこれでした。(自爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

受験について

以前の続編。というか、大学受験関係なのですが、ひょんなことで見つけた面白いサイトを紹介しておきます。
 
それがここ。一度読んでしまうとはまってしまうかもしれません。読破するのに30分くらいかかります。
私の趣味に通じる感じがしますが、レベルが違いすぎます。(w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

俺も寝過ごしたことがあるよ(爆)

先日こんなニュースがありました。
ふと、自分が首都圏に住んでいたときのことを思い出しました。
 
いやぁ~、よく寝過ごしたもんです。(自爆)
ちょうど、この事件の路線を使用して通学していたのですが(ブログ読んでいくと、出身校がばれるな。(^^;>)、こんなパターンでした。
 
*「長津田」で乗り換えなければいけなかったのですが、寝過ごして「中央林間」。(自爆)仕方が無いので、途中まで戻って、歩いて帰りました。
*上記のパターンで、リバースされて「鷺沼」。乱闘事件を起こすことなく(笑)、親に迎えに来てもらいました。(自爆)(むっとしてましたね、親。)
*上記のパターンで、リバースされて「青山一丁目」。白タクに乗せられそうになり、結局ハチ公前で野宿。(自爆)

*上記のパターンで、リバースされて「大井町」。(自爆) ニュースと逆のパターンですな。(^^;>
 どのようにして二子玉川で乗り換えたのか不明。結局、最終蒲田行きに乗り換え、R1を歩き自宅を目指すも、多摩川で力尽き、川崎駅で野宿。(自爆)
*就職セミナー参加後、「青山一丁目」から電車に乗り、すぐに就寝。(笑)気がつくと「表参道」。「ん?全然進んでないじゃん!」時計を見ると1時間30分進んでいました。(自爆)
 
路線が分からない人は、ここここを参照してください。
 
ま、寝過ごしはこればっかりじゃないんですけど・・・。
最強なのは、「東北新幹線乗り過ごし、盛岡連行」と「急行きたぐにB寝台乗り過ごし、上沼垂連行」でしょうか。(自爆)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

入試の思い出

私の住んでいる地域の、公立高校の入試が終わりました。
合格発表の様子を見る機会がありましたが、喜ぶ子と唖然としている子が交錯している光景は、例年のことながら試験の厳しさ(試練?)を垣間見る感じです。(それにしても、拝見した学校現役生が多すぎたような・・・。ま、毎年のことなのでいいのですが・・・。)
 
File0028当方も大学まで出ているので、高校入試とその発表を経験しています。何十年も前のことですが、どきどきしたのを覚えています。某私立高は学校で個室に呼ばれ、強面の先生から発表。もう1つの私立高と公立高は自分の足で見に行きました
よく、こんなもんを取っておいてあったものです。(笑)こんな紙切れ1枚で人生が決まってしまうのも妙なものです。
 
さて、その後の大学ですが、現役の時は6戦全敗。(自爆) 一浪して9戦3勝といういやはやという結果でした。(受験バブルの先がけでしたし。)
滑り止めの合格書類はどこかに行ってしまったようです。(家の中にあるのは分かっているのですが。)うち1校は、「さて合格発表を見に行くか。」と家を出ようとした所で、「速達でぇ~す」。唖然とした記憶があります。(一応発表は見に行きましたが・・・。)
そして、本命系の1校の発表の時。大学に出向くと、すでに発表が掲示してあります。「お!出てるな。」と見ると、発表が3種類に分かれていました。Aの欄に合格者の8割が、Bの欄に1割5分が、Cの欄には残る5分の合格者番号が書かれていました。
File0030自分の受験学科の掲示板の前に着き、番号と照合します。
Aの欄・・・。・・・。無い・・・。あれ?(受験では結構手ごたえがあったのですが・・・。)「もしや・・・?」とBの欄を見ると・・・。・・・あ、あった・・・。
その瞬間私は、持っていたセカンドバッグを地面に叩きつけました。
で、合格通知書を見ると、こうなっています。→
 
ikouえ?普通の合格通知だろ、って?
問題の部分を、アップしてみます。→
 
え~、まず上に書いたABCの説明ですが、「A・・・本校合格」「B・・・北海道教養部移行合格」「C・・・北海道教養部第一希望合格」と分かれていました。簡単に説明しますと、移行合格というのは、本校の点数に足りないが教養部に入学するならば合格とする、という制度です。
ちなみに、本校は東京の区内です。
1ヵ月半後、「屯田兵」と揶揄されながら、羽田から一路北を目指す人になった私でした。(自爆)
まぁ、道内在住は、その後の人生には大きな糧になりましたが・・・。
 
入試。何が起こるか分からないものです。
自分の希望する合格を手につかんだ人も、願い叶わなかった人も、いろんな経験を積んで欲しいと切に願います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ついでに写真

ネタ切れです。(笑)ここどこだか分かりますか?
 
1101065_img
 
110-1066_IMG
 
110-1063_IMG
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

深夜ポス

111-1134_IMG111-1133_IMG111-1132_IMGははは。画像が発掘されました。(笑)これです。
 
で、地元から首都圏に行く新たなルートが続々できているようです。(ここここですな。)
これからの旅行が楽しみです。(って、新幹線で移動しろよ。>ぢぶん)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マスコミに踊らされる教員?

111-1136_IMGブログ立ち上げの時に、私を驚かせるニュースがいくつかありました。その1つがこれです。このニュースが出た時には、いろいろな話が飛び交いました。まぁ、そのへんは興味がある人が見聞きすればいいわけで・・・。
 
この義家先生が勤務している北星学園余市高校というのは、今でこそ全国的に名の知れた学校ですが、そもそもは大学の付属校でありながら過疎地に立地している経営状態の苦しい学校でした。そこで打ち出したのが、中退生の編入制度。これが朝日新聞(1987.8.18)にでっかく掲載され、当時の記事を読んだ私は非常に興味を持ったのが、北星余市を知るきっかけでした。
その後、新聞で紹介される記事はもちろん、学校をルポした本はおおよそ購入しました。さらに、当HPの参考資料を集める調査依頼をした時でしょうか?返信に来たのが、膨大な量の実践記録でした。
これだけで、北星余市が何をやっているのか、何をやりたいのか、私には十分理解ができました。
 
そんな中で地元放送局がクローズアップし、ルポしたものがオンエア。初めは道内限定だったものが、やがて全国ネットで放送され大きな反響を呼びます。そのシリーズの1つが「ヤンキー母校に帰る」でした。ドラマにもなりました。この「ヤンキー」が義家先生なのです。
・・・スポット当てすぎです。確かに、経歴を見ても、実践を見ても、全国から引く手あまたなのは分かります。しかし、酷使しすぎでした。
すぐれた実践を紹介することは大切だと思います。しかし、それ故にすぐれた実践者に光が当たりすぎて、つぶしてしまうことは、損失だと思います。
 
何か話にまとまりが付かなくなりましたが、この義家先生、来年度からはここに勤務するそうです。教室を職場にしなかったと言う点では残念ですが、これからの教育のために力を発揮して欲しいです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

すごい団体があるからコンクールって・・・

ホームページやブログのプロフィールを見ると分かりますが、中学校以来吹奏楽に何らかの形で関わった生活をしています。自分で演奏することは無論、棒も振ったことがありますし、学校に指導に行くこともあります。
そんな中で、年中行事のごとく、毎年のように各地の吹奏楽コンクールやアンサンブルコンテスト、演奏会などに足を運び、演奏を聞くのが楽しみの1つになっています。
 
この時期は、全日本吹奏楽連盟の主催するアンサンブルコンテストの全国大会が行われます。各支部大会が終わった頃にホームページで出場団体を見ていくと、某市民バンドのメンバーの母校が初出場していたり、前の職場があった市から初出場団体があったり、そして常連が名を連ねていたりと、ラインナップを見ているだけでも飽きません。
しかーし、今年はそれだけでは無かったのです。私の食指をすごーーーーく動かす団体がエントリーされていました。(謎) それが、大学の部出場熊本県立盲学校打楽器アンサンブルです!障碍をもった人たちが出場したのが驚き、と言うのは偏見かもしれませんが、ハンディを背負って、しかも独特の技術と雰囲気を必要とする打楽器アンサンブルで、全国出場(しかも大学の部)ということに非常に興味を持ちました!
私の居住県にある盲学校も、吹奏楽コンクールやアンサンブルコンテストに出場していたのですが、生徒減のためでしょうか、最近はエントリーされないのがさびしい限りです。
ちなみに、某所で見つけたのですが、「RKK熊本放送」のサイトから「ニュース検索」をたどっていくと、盲学校全国出場のニュースと動画を見ることができます。これ見ると、本当に「すっげー」の一言です。
 
う~~ん、生で聞いてみたかったのですが、転勤が絡むシーズンで今回見合わせました。ま、チケットは売り切れてしまった、というのもありますが。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

こういう時に限って・・・

私には、毎月の給料をもらった後の楽しみが2つあります。
 
1つはパチンコ。(爆)「月例パチンコ」と称して、給料を使ってみます。しかし、基準が新しくなったようで、最近とんと当たりません。(;.;) そろそろ潮時でしょうか。
 
そしてもう1つが宝くじ。気が付いたときに母校の略称をもじった数字で「ナンバーズ4」を、家族の誕生日で「ミニロト」を購入しています。しかし、初めて買った時にナンバーズ4で1万5千当たって以来、泣かず飛ばず状態でした。(;.;) 「これはとんでもない確立でしか当たらないのか・・・。」と最近購入を控えていたところ、ナンバーズがボックスで2回も当たっていました!(;.;)(;.;)(;.;)
 
こういう時に限って付いていないものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日のサプライズ!

今日は市内で行われたイベントに行ってきました。(本当は、その前に市民バンドの練習に行きたかったが、休んでしまいました。すんまへん。)
 
会場に行って、クロークに荷物を預けようとすると、「・・・?・・・!!何でここにいるの?!」クロークの係りにその市民バンドのメンバーがいたのです!(ちなみに学生さん。)お互いにびっくり状態でした。(市内は狭いわ。)
 
そして会場に入り、あれこれと手を付け「どれがおいしいんだべ?」と同行者と話をしていると・・・。「・・・?・・・!!!何でここにいるの?!!」前職場にいた子がいました。(しかも私の担当。)しばらく会っていなかったので心配していたのですが、元気そうでした。(全く、市内は狭いわ。)(爆)
 
まー、びっくりすること続きの日曜でした。味・・・?B級グルメの舌を持つ私には、まだ早かったようです。(^^;>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

明日は初体験(謎)

ここ1週間、めまぐるしい日々でブログに手を付けられませんでした。(^^;>
いろいろとトラックバックやら、ネタを出していきたいと思います。
 
今日は大仕事が終了し、何とか一息。それにしても、年々抽象化してくる「お題」は何とかならないのかなぁ・・・?
 
で、明日は初体験です。何って?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
内視鏡検査です。(;.;) こわひ・・・。
ではねまふ・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »