« またまたまた県外逃亡 | トップページ | 農民の家(炭酸泉)(鳴子温泉) »

峩々温泉へ

県内の同業者と、とある行事という事で宿泊してきました。
 
113-1349_IMG
 
集合時間に間に合わなかったため(自爆)、単独で宿を目指しました。山形道宮城川崎ICから青根経由で山道を登りますが、なかなか宿にたどり着けず「遭難するのか?」などと不安に思っていると谷間に佇む宿を発見。名物のボンネットバスが出迎えてくれました。
 
 
 
 
 
 
 
113-1343_IMG113-1338_IMG113-1340_IMG
 
夜の画像は却下して(笑)、飲みすぎた分早朝に目が覚めたので、露天風呂に入りました。
2枚目の画像でお分かりかと思いますが、真ん中に仕切りのある形の風呂で、結構広さがあります。早朝という事だからでしょうか、ちょっとぬるめの露天風呂でした。さらに奥に行くと川沿いの露天風呂がありましたが、こちらは浅い上にぬるさは大露天以上でした。
ちなみに、ここと反対側にある別浴露天風呂はちょっと熱め、ここから一番近い内風呂は結構な熱さでした。
 
113-1342_IMG
 
露天へ行く通路。
何気に「鉄ちゃん」がそそる演出が施されています。(笑)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
113-1331_IMG113-1333_IMG113-1346_IMG
 
夜ご飯の一の膳と二の膳。そして朝食。
細かなデザインが美しく、美味しい料理でした。
 
 
 
峩々温泉
 
 
 
113-1357_IMG
 
おまけ。帰りに寄った岩沼・村田・船岡の境にある、隠れ家的蕎麦屋のそばです。美味!
 
 
花いかだ
 
 
え~と、飲んだくれて(自爆)あまり覚えていないのですが、湯船の数が多く、静かにお湯を楽しめる場所でした。(★★★★☆)(宿泊代高い!)

|

« またまたまた県外逃亡 | トップページ | 農民の家(炭酸泉)(鳴子温泉) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84941/5257279

この記事へのトラックバック一覧です: 峩々温泉へ:

« またまたまた県外逃亡 | トップページ | 農民の家(炭酸泉)(鳴子温泉) »